FXで売るという行為とは

世間一般的には、物は安く買って高く売ることで商売が成り立ちます。このため、FX取引を始めたばかりの方々は売りの概念に困難を覚えることが有ります。簡単に言ってしまえば、上記の概念の逆を行うことです。安く買って高く売ることをFXでは買いという言葉を用います。逆に売りという概念も有ります。例えば、1ドル100円の時に買って、101円で売れば1円分の稼ぎになります。これは分かりやすいと思います。FXでこの事を表現すると、100円の買い注文をして101円の時に売り注文をするという事になります。それでは、今度は昨日は101円のドルが今日は100円になったとします。この場合、昨日の時点で101円のドルに対して売り注文をして今日になったら100円でドルに買いの注文をして決済をすると1円分の利益になります。これが売りの概念です。買いと逆の事をしているので、101円よりも値段が下がれば儲かります。そして101円よりも高くなってしまうと損をしてしまうわけです。もっと単純化すると、FXでは買いか売りの2つのボタンしか画面に表示がされません。値段が上がりそうなら、買いをクリック。下がりそうならば、売りをクリック。この程度の理解で問題は有りません。値段が下がる事は頻繁に発生するので、売りで稼げるという概念が有ることだけは覚えておきましょう。